千葉での葬儀、香典でピン札がNGな理由は?

通夜や葬儀に参列する時は香典を持参しますが、香典にも様々なマナーがあります。

・ピン札がNGと言われる理由

本来誰かにお金を渡す時は、ピン札で渡すのがマナーと言われています。

例えば結婚式のご祝儀や、入学祝いなどの祝いごとでお金を渡す場合には、わざわざ銀行に行ってピン札でお金を下ろしたり、折り目がついたお札と交換してもらったりします。

祝いごとの場合は、あらかじめそうなるとわかっているので、お札を準備しておけます。

しかし誰かが亡くなるというのは、前もってわかっている事ではありません。

悪気はなく、たまたま手元にあったお札がピン札だったとしても、香典にピン札を使うと、死を予感していた、死ぬとわかっていて準備していた、というように受け取られかねません。

・もしもピン札しかなかったら?

訃報の知らせを受けて香典を用意する場合、何度も使われていることが分かるお札を用意します。

もしも手元にピン札しかなかった場合は、折り目をつけておきます。

ピン札でも折り目を付ける事で、対応できます。

香典には何度も使われているお札を使用しますが、逆にしわくちゃで切れ目が入っているようなボロボロのお札も失礼に当たるので、ここは常識内で判断します。

・まとめ

突然千葉での通夜や葬儀に参列する事になった時、気が動転して慌ててしまいます。

最近は千葉でも昔のようにマナーを重んじる事も少なくなっていますが、冠婚葬祭のマナーを知らないと恥をかく事になるので注意しましょう。

◇Check!=>千葉の葬儀のお助けサイト