千葉での葬儀に対して香典を郵送する注意点

やむを得ない事情で千葉での通夜にも葬儀にも参列できない時は、とりあえず弔電を打ちます。

香典は後日郵送する事もできます。

・香典を郵送する時のマナー

どうしても通夜と葬儀に参列できない場合は、後日香典を郵送します。

後日といってもあまり間があかないよう、早めに郵送しましょう。

郵送する場合は現金になるので、現金書留にします。

この場合は香典袋に入れた状態で郵送しますから、香典袋のサイズが大きいと通常サイズの現金書留要封筒には入りません。

こういう時は少し大きいサイズの現金書留要封筒があるのでそれを使います。

現金書留は郵便局の窓口から手配するので、ポストに投函する事は出来ません。

・手紙は添えたほうがいい?

千葉へ香典を郵送する場合は、お悔やみの手紙を添えます。

通夜と葬儀の時に弔電を打っていても、香典を郵送する時にはお悔やみの手紙を添えるのがマナーです。

間違っても香典だけ送らないようにします。

お悔やみの手紙については、インターネットで探せば例文がありますから、それを参考にすればOKです。

・まとめ

香典を郵送する時は、郵便局の窓口から手続きしますので、切手代が足りないという事はありませんが、封を閉じる前に不備がないかよく確認しておきましょう。

香典袋が入る大きいサイズの現金書留要封筒は、郵便局の窓口からも購入できます。

表書きは「御霊前」としておけば、どの宗教でも問題ありません。

あまり時間が空いてしまうと、先方も対応に困るので早めに郵送しておきましょう。