千葉での葬儀に香典は絶対に必要なの?

遠方への出張や海外出張や、訃報をだいぶ後になって知ったなど、やむを得ない事情があって千葉で通夜にも葬儀にも参列できなかった場合は弔電を打ち、後日香典を郵送します。

・香典を直ぐに郵送できなかった場合

千葉での通夜にも葬儀にも参列できず、直ぐに弔電や香典も送れなかったという場合は、後日弔問する事もできます。

ただしこの場合は先方の都合もありますので、連絡もせず突然自宅に押しかけるのはマナー違反です。

必ず連絡をして都合の良い日を確認しておきましょう。

葬儀からかなり時間が経過している場合は、喪服でなくてもOKです。

遺族もやっと落ち着いたところですから、できるだけ気持ちを刺激しない配慮も必要です。

▼関連サイト⇒(URL:http://www.sinkan.jp/news/index_6503.html

・弔問のマナー

服装はできるだけ喪服を連想させないように、黒を避けますが、あまり派手な服装やアクセサリーもNGです。

グレーや濃紺が無難です。

時間が経過している場合は、香典ではなく供物や供花を持参します。

目的は通夜や葬儀に参列できなかった事のお詫びとお悔やみですから、線香をあげ少し話をしたら、あまり長居せず早めに切り上げましょう。

・まとめ

かなり時間が経過してから香典を送ると、遺族も香典返しなどの手配があるので、こういう場合は供物や供花にします。

香典の代わりに線香を送るのもいいかもしれません。

喪中ハガキで訃報を知った場合は、寒中見舞いや喪中見舞いを出し、その時参列できなかった事を詫びる言葉を添えておけば大丈夫です。

もしも弔問を断られたら、供物を郵送するなどで対処します。