千葉での葬儀に対して香典を郵送する注意点

やむを得ない事情で千葉での通夜にも葬儀にも参列できない時は、とりあえず弔電を打ちます。

香典は後日郵送する事もできます。

・香典を郵送する時のマナー

どうしても通夜と葬儀に参列できない場合は、後日香典を郵送します。

後日といってもあまり間があかないよう、早めに郵送しましょう。

郵送する場合は現金になるので、現金書留にします。

この場合は香典袋に入れた状態で郵送しますから、香典袋のサイズが大きいと通常サイズの現金書留要封筒には入りません。

こういう時は少し大きいサイズの現金書留要封筒があるのでそれを使います。

現金書留は郵便局の窓口から手配するので、ポストに投函する事は出来ません。

・手紙は添えたほうがいい?

千葉へ香典を郵送する場合は、お悔やみの手紙を添えます。

通夜と葬儀の時に弔電を打っていても、香典を郵送する時にはお悔やみの手紙を添えるのがマナーです。

間違っても香典だけ送らないようにします。

お悔やみの手紙については、インターネットで探せば例文がありますから、それを参考にすればOKです。

・まとめ

香典を郵送する時は、郵便局の窓口から手続きしますので、切手代が足りないという事はありませんが、封を閉じる前に不備がないかよく確認しておきましょう。

香典袋が入る大きいサイズの現金書留要封筒は、郵便局の窓口からも購入できます。

表書きは「御霊前」としておけば、どの宗教でも問題ありません。

あまり時間が空いてしまうと、先方も対応に困るので早めに郵送しておきましょう。

千葉での葬儀の際注意すべき、香典袋と香典の金額のバランス

千葉での葬儀に参列する場合に持参する香典は、金額にも相場がありますが、金額により使用する香典袋も変わってくるのを知っていますか?

◆記事ピックアップ→葬儀の受付で香典を渡す際の「正解」は?|週刊女性PRIME

・香典袋と金額

香典を用意する場合は、故人との関係により、香典の相場は決まっています。

香典はあくまでも気持ちとして渡すものですが、少なすぎるのもモラルを疑われてしまいますし、多ければいいかというとそういうわけでもありません。

千葉に限らず通夜や葬儀に参列した人には、喪主や遺族から通夜振る舞いや、会葬御礼が手渡されます。

これは香典を持参している、いないにかかわらず、足を運んでくれた事に対する御礼としての意味があります。

会葬御礼の品はお茶を選ぶ事が多いですが、これだけでも1,000円前後はかかっています。

香典の相場はわきまえておかないと、直接何かを言われる事はなくても、自分が常識を知らない人となり、恥をかきます。

・香典袋の選び方

香典の相場は個人との関係により変わってきますが、包む金額によって使う香典袋の種類が異なります。

3,000円~5,000円は、水引が印刷されているもの、10,000円~20,000円は白と黒の水引が付いているもの、30,000円~50,000円は和紙と銀の水引のもの、100,000円以上は和紙に銀紙の飾りや大きめの水引がつかわれているものを使います。

・まとめ

香典袋は中身を見なくても、香典袋である程度金額が分かるようになっています。

ただし宗教により使用する袋が違いますので、宗教に合わせて香典袋を探す事が大切です。

表書きは御霊前としておけば、大抵どの宗教でも通用します。